--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.05
Wed
謎ばっかりなセンタリング
※バランス調整前の情報です


【攻撃の場合】
サイドへはたく役が必要なステはコントロール
センタリング役はスピードとアシスト。関係するスキルはオーバーラップとピンクロ
ヘディング役はヘディング。関係するスキルはスパへ

はたく役はチーム内でコントロールが高い選手が選ばれる
コントロールが高いほど攻撃成功度が高まるので結構重要

センタリング役はスピードの高い選手が選ばれる
アシストは選出にほとんど影響しないみたい
SBの左右を入れ替えるだけで選ばれる選手が変わったりちょっと意味不明なところもある

ボールを受けた時にオーバーラップが発生する
オーバーラップが発生すると攻撃成功度がかなり上がるが
確実にヘディング出来るわけではないみたい
WGでもなぜかオーバーラップスキルは発生する(バグ?)
センタリングの時にピンクロが発生する

ヘディング役はスパへ持ちがかなり優先的に選ばれる
3トップの真ん中にスパへ持ち配置ならまず確実
ヘディング時にスパへが発生する

基本的にはこんなとこだけど
DF陣がまともなチーム相手にはほぼ決まらない攻撃で
どうすれば決まるのかよく分からない(・・?

はたき役からセンタリング役にボールが渡った時点で攻撃成功度が250〜300くらいあり
対応するDFよりスピードが20以上高い状態で
ヘディング役も対応するDFよりヘディングが20以上高い状態でも
ヘディングする時には攻撃成功度が-300くらいにされてしまう

そんなわけで目に見えるステだけじゃなく
クロス役のアシストの重要度がかなり高い疑惑あり
とはいえスピード&アシスト振りはなかなか難しく
ピンクロorオーバーラップスキルに頼らざるを得ないかも

守備の硬いチーム相手に何回攻撃してもパラのスパへが発動しなかったので
ある程度の攻撃成功度が無いとスパへは発動しないと推測

ヘディング役にオーバーラップが発生する攻撃で
発生すればスーパークリアが発生しない限り確実にヘディングしてくれる
でもスパへが発生しないとなかなか決まらないので
オーバーラップのみのDFはスパへ持ちFWの邪魔にしかならない

アーリークロスと違い、ヘディングが高い方がオーバーラップしてくる率が高い
ヘディングが高いFWがいるとオーバーラップが発生しにくいのは同じ


【守備の場合】
はたき役への対応する選手はディフェンス
センタリング役へ対応する選手はスピードとディフェンス
ヘディング役はヘディングとディフェンスが必要

はたき役へ対応する選手のディフェンスは結構重要で
この時点で攻撃成功度をマイナスに出来れば失点の心配がかなり減る
基本的にボランチが対応することが多いけど
フォメよってはCBが対応する事もある

センタリング役へ対応する選手はスピードが高い選手が選ばれやすい
フォメによっては2列目のスピードが高い選手が対応にいってしまうので
スピードの調整は気をつけないといけない
チェイシングが発生するのでチェイシング持ちが対応するように調整したいところ

ヘディング役は3バックだと対角のCBが選ばれやすい
スーパークリアが発生する


センタリングへの対応役のスピードとディフェンスのどちらが重要か?
ヘディング役のヘディングとディフェンスのどちらが重要か?
がイマイチ謎で
少なくともスピードだけの選手のセンタリングならば
ディフェンス極振り(160とか170とか)DF陣に防がれる傾向がある


やっつけ気味ですが、とりあえず全攻撃パターン完了。ふぅー



関連記事
スポンサーサイト
comment 16 trackback 0
06.04
Tue
CKはよく分からないのでいろんなところに語尾にみたいが付きます

【攻撃側】
キッカーの優先順は
アシスト>コントロール

スーパークロスが発生する

アシストとコントロールが同じぐらいであればまずアシストタイプが選ばれる
キック&アシスト型のWGナルベス(ドベカル)よりコントロールタイプの方が選ばれやすいので
キックはほとんど影響していないとみて良さそう

コントロールタイプがキッカーの場合は
いくらコントロールだけ高くても(150とか)なかなかヘディングさせてもらえないので
CKから点をとりたいならアシストが高い選手が必要みたい

そんなわけでコントロール極振り選手がいるとCKで邪魔になりやすい


【守備側】
安定して防ぐにはディフェンス値とヘディング値の両方が必要みたい

でもコントロールだけ高い選手のCKの場合は
ディフェンス値だけそれなりあれば
ヘディング値がかなり低くても防ぐみたい

アシスト振りの選手を配置してるチームは意外と少ない気がするので
今のところはディフェンス値だけのCBでも大丈夫かもしれない

対応するDFは4バックも3バックも結構ランダムだけど
3バックは対角のサイドのCBが対応しがちみたい

スーパークリアが発生する


関連記事
comment 6 trackback 0
06.04
Tue
昨日の夜中に
最初の頃に書いた攻撃パターンの記事をちょこちょこ手直ししました

ホントは編集した箇所が分かるようにするのが良かったんでしょうけど
ややこしくなりそうだったので普通に書き換えちゃいましたm(_ _)m
特に読み返す必要は無い程度なので許してくださいm(_ _)m m(_ _)m


新情報とか更新したくなったときってどうするのが一番いいんでしょうね (・・?



関連記事
comment 2 trackback 0
06.03
Mon
92勝2敗6分

自分の感覚からすると手応えの無いチームだったにも関わらず
なかなかの順位に収まりました(^_^)v

今回は対戦運がかなり良かったです
レベル100以上のチームとは結構対戦しましたが
上位常連チームとは7回しか当たりませんでした
他の人よりかなり少なかったんじゃないかな?

無制限戦の時みたく3,4失点することもなく
守備も安定してたし概ね満足です


負けや分けたチームは前回同様有名どころのチームでは無かったですけど
☆1選手が絡んだりするとどうしても得点しにくかったりするので
☆60戦だとこんなもんかなって感じですね


関連記事
comment 0 trackback 0
05.28
Tue
PK
【攻撃側】
キッカーの優先順は
コントロール>タフネス>決定力
ってところかな?

コントロール高い選手の方が決まりやすいので
ポストプレーのためにタフネス振りまくってると
PKキッカーに選ばれて困る可能性も

【守備側】
セービングが一番関係していると思う
タフネスの影響は未検証
タフネスが50くらいあってもセービングが80ぐらいだと簡単に決められる


FK
【攻撃側】
キッカーの優先順は
コントロール>キック>タフネス

無回転持ってるとそれなりに優先順がUpされるけど
無回転持っててキックが100あっても
コントロール100ある方がキッカーになりやすいので
コントロールタイプ&無回転の組み合わせじゃないと完全固定は難しい

キック振りタイプの場合は多少コントロールに振ってやることで選ばれる確率がアップするけど
コントロールが増えた分、他の場面(ワンツーや3人崩し)で出てきたりするようになる危険性も

☆4以下GKとか能力の低いGK相手に決めやすいのもコントロールタイプ

PKと同じくタフネス振りの選手が出てくる事もあるのでタフネス振りは慎重に


【守備側】
☆5GK以上であればいろいろ気にする必要もないくらい確実に止める



関連記事
comment 10 trackback 0
back-to-top
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。